現在位置
仙台市の指定登録文化財(仙台市HP) >
仙台市の指定・登録文化財 >
仙台藩歴代藩主及夫人肖像画

仙台藩の初代伊達政宗から十三代慶邦(よしくに)までの歴代藩主とその夫人を描いた肖像画

せんだいはんれきだいはんしゅおよびふじんしょうぞうが

仙台藩歴代藩主及夫人肖像画

Sendaihan Rekidai Hanshu oyobi Fujin Shozoga

In English
指定区分
Classification
仙台市指定 / 絵画
年代
Age
江戸時代

Quantity
31幅
指定年月日
Designated Date
昭和60年(1985) 09月04日

所在地
Location

宮城県仙台市青葉区川内26
Google mapへのリンク

解説
Description

仙台藩の初代から十三代までの歴代藩主とその夫人の肖像画で,伊達家の歴史的な由緒を伝えるとともに,江戸時代における肖像画の特色を示す資料ともなっている。この中の伊達政宗画像は,束帯(そくたい)姿に威儀を正し,政宗の遺言により両眼が描かれている。狩野安信が描き,政宗自作の漢詩「馬上少年過」を江戸の儒者・酒井伯元が記している。(仙台市博物館所蔵)

このページのトップへ戻る