現在位置
仙台市の指定登録文化財(仙台市HP) >
仙台市の指定・登録文化財 >
宇治川先陣図絵馬

「宇治川先陣」を描いた元禄期の絵馬

うじがわせんじんずえま

宇治川先陣図絵馬

Ujigawa Senjinzu Ema

In English
指定区分
Classification
仙台市指定 / 有形民俗文化財
年代
Age
江戸時代 - 元禄年間

Quantity
1面
指定年月日
Designated Date
平成4年(1992) 07月07日

所在地
Location

宮城県仙台市太白区四郎丸字落合60
Google mapへのリンク

解説
Description

この絵馬は,「平家物語」巻第9の「宇治川先陣」に題材をとっている。木曽義仲が源義経を防いだ宇治川の合戦で,源頼朝から与えられた名馬「磨墨(するすみ)」に乗る梶原景季(かげすえ)に,佐々木高綱が馬の腹帯が伸びているように見えるといい,景季が腹帯を締めなおしている間に,名馬「いけづき」に乗った高綱が一足先に宇治川へ打ち入ったところを描いている。宇治川先陣図は武者絵として屏風や絵馬に多く描かれているが,本図もその一つで,市内にある元禄年間(1688~1703)の古画として注目される。板絵著色・板横に三枚矧(はぎ)。(光西寺所蔵)

このページのトップへ戻る