現在位置
仙台市の指定登録文化財(仙台市HP) >
仙台市の指定・登録文化財 >
松音寺山門

若林城の城門を拝領したと伝える,薬医門(やくいもん)

しょうおんじさんもん

松音寺山門

Sho-onji Sanmon

In English
指定区分
Classification
仙台市登録 / 建造物
年代
Age
江戸時代

Quantity
1棟
指定年月日
Designated Date
平成7年(1995) 09月05日

所在地
Location

宮城県仙台市若林区新寺4丁目6-28
Google mapへのリンク

解説
Description

松音寺は,福島県伊達郡で伊達家の祖・尚宗(ひさむね)により開山され,その後仙台に移ったと伝える。松音寺山門は,切妻造(きりづまづくり)桟瓦葺,三間一戸(さんけんいっこ)の薬医門(やくいもん)で,寺伝では,寛永16年(1630)に,若林城の城門を二代藩主伊達忠宗から拝領したものと伝えられている。松音寺は,火災により明治21年(1888)頃に連坊から現在地に移転しているが,山門もその時に移築されたとされている。

このページのトップへ戻る