現在位置
仙台市の指定登録文化財(仙台市HP) >
仙台市の指定・登録文化財 >
陸奥国分寺鐘楼

江戸時代初期の袴腰(はかまごし)鐘楼

むつこくぶんじしょうろう

陸奥国分寺鐘楼

Mutsu Kokubunji Shoro

In English
指定区分
Classification
仙台市登録 / 建造物
年代
Age
江戸時代

Quantity
1棟
指定年月日
Designated Date
平成7年(1995) 09月05日

所在地
Location

宮城県仙台市若林区木ノ下3丁目8
Google mapへのリンク

解説
Description

陸奥国分寺鐘楼は,奈良時代に創建された陸奥国分寺の境内に立つ。入母屋造(いりもやづくり)鉄板葺の二階建てで,桁行(けたゆき)三間,梁間(はりま)二間の規模である。二階部分に高欄付の縁を持ち,一階部分は袴状に板を張った袴腰となっている。創建は,虹梁(こうりょう)などから慶長頃ないしは江戸時代初期を降らないものと見られる。

このページのトップへ戻る