直線上に配置

受講者の声

【子供相談支援センター】
 子供の指導を先延ばしにすることなく,その一瞬でもできる指導は何かを考えるようになりました。中長期的な指導,短期的な指導,その一瞬の指導内容を分けて意識するようになり,すぐに叱らないで,「もしかしたら,そうさせる何かがこの子にはあるのかもしれない」と思うようになりました。

【仙台市児童相談所】
 「学校で虐待を知り得たときの対応」について,全職員で共通理解をしました。不登校等の親へ声をかけたり相談に乗ったりする時に,親が追い詰められていないかという視点を持ち,学校で一緒に見ていきますというメッセージを心掛けるようになりました。

【旗立分教室・さわらび学園】
 職員が共通理解を図り,子供の気持ちを理解しながらも,勝手な行動は許さないという強い信念を持ち,一緒にがんばろうという姿勢を行動で示していくことによって,どんな状態の子供でも立ち直らせることができるという,手本を見せていただいたと思っています。

【適応指導センター「児遊の杜」】
受講したことで,入級するためのシステムや,さまざまな原因で子供たちが杜のひろばに入級しているかを知り理解することができました。不登校で困り感のある家庭や先生方に,より分かりやすく杜のひろばの存在を説明できるようになりました。 

【発達相談支援センター】
 担任している子供たちの行動を見たときに,将来をイメージした声がけや指導ができるようになったこと,また,通常学級に在籍している配慮が必要な子への対応や,アーチルでの面談を具体的にイメージし,その上での保護者と面談を行ったり,先生方とのミーティングができるようになりました。

トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置