学校長挨拶

  

   校長 丹野 高雄



「充実した高校生活を演出!」

ようこそ!

 仙台工業高校のホームページへお越しくださり、ありがとうございました!

 校長の丹野です。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、4月8日、校門の満開の桜に歓迎され、200名の新入生が入学し、全学年そろって令和4年度がスタートしました。今年も始業式に始まり、新入生歓迎会、部活動紹介、校歌練習、そして高校総体と1年生たちは先輩たちの背中を追いかけつつ、めまぐるしい中にも充実した高校生活を送っています。


 ところで、本校は、明治29年(1896年)仙台市徒弟実業学校として仙台市上杉の地から歴史の1ページが始まりました。お陰様をもちまして、今年で創立126周年を迎えており、歴史と伝統ある工業高校です。生徒たちは、良い伝統を継承しつつ、常に新しいことにチャレンジしながら、新しい時代を担うエンジニアとして着実に成長しています。

 本校の使命(ミッション)は、「ものづくり立国、日本を支えるエンジニアの育成」にあります。その実現ためには、目指す姿(ビジョン)として「育てたい7つの力」があります。

〇たくましく生きる力
〇思いやる心
〇基本的生活習慣の確立
〇社会とかかわる力
〇学び続ける姿勢
〇確かな知識と実践力
〇強い精神力と豊かな創造力


 以上のことを、ものづくりによる教育と部活動を軸として、教育活動を展開している学校です。

 また、課外学習においては「技術・技能」の習得と深化の一環として就職・進学のアドバンテージ(有利)となる資格取得を推進し、また、望ましい人間関係、チームワーク、あきらめない強い気持ちを育むために、部活動を奨励しています。そして、地域の皆様や企業の皆様との交流を積極的に行い、生徒同士、生徒と教師とのコミュニケーションを大切にしながら、世代や立場を越えて誰とでも協調できる人材を育成しています。

 以上のように、仙台工業高校は、皆さんの夢(第一の希望進路)を実現するために、担任・学年・学科・部活動顧問による連携した支援体制の下、3年間の計画的な教育スケジュールにより、個に応じた、きめ細かな教育を行います。

 仙台工業高校に興味のある方は、是非、直接お越しいただき、充実した施設で生活する生徒たちの「真剣なまなざし」「輝く笑顔」「充実した毎日」を、ご覧いただきたいと思います。

 それでは、またのお越しを仙台工業高校でお待ちしております。

 令和4年4月吉日

     

仙台市立仙台工業高等学校

校 長 丹 野 高 雄


諸規定・方針

ページのトップへ戻る