学校紹介

校長あいさつ

教育方針イメージ

校長 田中 充(たなか みつる)

「仙台青陵中等教育学校のホームページにようこそ」

 仙台市立仙台青陵中等教育学校のホームページをご覧いただき,ありがとうございます。 本校は,「仙台市中等教育学校基本構想(平成19年3月)」に基づき,平成21年4月に開校しました。前期課程(中学校3年間)と後期課程(高等学校3年間)の接続により,後期課程からの入学制度はなく,生徒全員に6年間の一貫した教育課程や学習環境の下で学ぶ機会を提供することで,生徒一人一人の個性をより重視した教育の実現を目指しています。

  「知性を高め 感性をはぐくみ 意志を鍛える」という本校の教育方針のもと,6年間を2学年ごとに「根付く」「伸びる」「花ひらく」の3期に分け,その言葉どおりに生徒一人一人が成長できるよう教育活動を展開しています。その成果の一つとして,難関国公立大学をはじめとした高い進学実績を挙げることができますが,その土台となっているのが,多くの授業で取り入れられているグループ学習や話し合い活動で培われる主体的な学習者としての資質です。その資質が栄養分となり,学びの動機が根付き,興味関心を伸ばし,大きな花を咲かせてほしいと願っています。 また,学習活動においては,「学び,考え,伝える力」を育てるために,前期課程に本校独自のカリキュラムである「ことばと論理」「オールイングリッシュタイム」「数楽タイム」を設置しています。また,その集大成として後期課程では,各生徒がテーマを設定した「研究論文」に取り組みます。そのスキルは,大学での学びのみならず,社会が抱える課題へのアプローチとして必要とされる多様な視点の芽となります。

  その他,各学年に設定される体験活動や外部講師を招聘しての各種講義・講演会,部活動や委員会活動などについての情報も,本ホームページで配信いたします。まだまだ歴史の浅い本校ですが,これまでの教育実践を宝としながら,今後も進化を続けてまいります。ぜひご覧いただき,今後とも,仙台青陵中等教育学校をよろしくお願いいたします。

令和3年度 学校経営方針

 



仙台青陵中等教育学校の概要
本校は仙台市初の中高一貫教育校として、平成21年4月に開校しました。「知性を高め 感性をはぐくみ 意志を鍛える」という教育方針のもと、6学年24学級、約820人の生徒が国見の丘に学んでいます。学校の南東には「青陵の森」と呼ばれる森が広がり、四季折々の花や野鳥のさえずりを楽しむことができます。仙台「青陵」という校名には、仙台市青葉区の丘陵地に立地することに加え、爽やかでフレッシュなイメージを込めています。青(グレイスフルネイビー)は本校のスクールカラーで、制服にも使われています。